第11回東京フィルメックス
コンペティション作品

2009〜2010年に製作されたアジアの新進作家の作品の中から10作品を、コンペティション部門作品として上映。
国際色豊かな5名の国際審査員が審査し、最終日の11/28(日)に各賞が発表される〓

東京フィルメックス・コンペティション
Another Year『ハンター』
Shekarchi
監督:ラフィ・ピッツ (Rafi PITTS)
製作国:イラン、ドイツ
選挙を控えたテヘランで、デモの群衆に警官隊が発砲する事件が起きた。事件によって妻を失い、娘が行方不明になった男がとった行動とは? 異様なまでの緊張感が持続する本作は、イランの俊英ラフィ・ピッツの長編第四作。ベルリン映画祭コンペティションで上映。

Biutiful 『夏のない年』
Year Without A Summer
監督:タン・チュイムイ (TAN Chui Mui)
製作国:マレーシア
30年ぶりに故郷の村に戻った人気歌手のアザムは、少年時代の親友とその妻とともに、ウラ島に夜釣りに出かけるが。デビュー作『愛は一切に勝つ』(06)で国際的評価を得たタン監督の新作は、現実と幻想、現在と過去が大胆に交錯する美しい映像詩。

Copie Conforme 『密告者』
The Stool Pigeon
監督:ダンテ・ラム (Dante LAM)
製作国:香港
ある事件で密告者に瀕死の重傷を負わせてしまった捜査官が、罪の意識を背負いながら、再び密告者を使った捜査を命じられるが...。ここ数年、ハイ・クオリティの犯罪アクションを連打しているダンテ・ラム(林超賢)監督の期待の最新作。

Des Hommes et des Dieux 『独身男』
Single Man
監督:ハオ・ジェ (HAO Jie)
製作国:中国
中国河北省の山間の村を舞台に、数人の年老いた独身男たちの奇妙な日常生活をドキュメンタリー・タッチで描く。北京電影学院を卒業したハオ・ジェ(?杰)の監督デビュー作。サン・セバスティアン映画祭サバルテギ部門で上映。

Fair Game『トーマス、マオ』
Thomas Mao
監督:チュウ・ウェン(ZHU Wen)
製作国:中国
英語しか話せないトーマスと、中国語しか話せないマオ。内モンゴルで出会った二人だが、噛み合わない会話のため、事態は意外な方向に展開する。チュウ・ウェン(朱文)待望の新作は、異文化の遭遇を夢と現実を自在に交錯させて描いたユニークな作品。

ページTOP▲
Hors-la-loi『ビー・デビル』
Bedeviled
監督:チャン・チョルス (JANG Cheol-Soo)
製作国:韓国
ストレスから仕事でミスを犯し休暇を取った30代の女性へウォンは、幼い頃祖父母と暮らしたムドゥ島を訪れる。だが幼馴染みのボクナムは夫から悲惨な虐待を受け、島を脱出しようとしていた。キム・ギドクの助監督を務めてきたチャン・チョルスの長編第一作。

La Nostra Vita 『ふゆの獣』
Love Addiction
監督:内田伸輝
製作国:日本
初の長編劇映画『かざあな』(07)が、バンクーバー映画祭ドラゴン&タイガー・コンペティション部門に招待された内田伸輝監督の長編第3作は、同じ職場で働きながら、それぞれに惹かれあう男女4人の若者の激烈な感情のぶつかり合いが観る者を圧倒する。

La Princesse de Montpensier『Peace』
Peace
監督:想田和弘
製作国:日本、アメリカ
『選挙』(06)、『精神』(08)の想田和弘監督の「観察映画」の新作。福祉車両の運転を行っている柏木寿夫と、ヘルパーを派遣するNPOを運営しているその妻、廣子。何気ない日常の描写から、戦争と平和、生と死、福祉、共存といったテーマが浮かび上がる。

Long Boonmee Raluek Chat 『アンチ・ガス・スキン』
Anti Gas Skin
監督:キム・ゴク、キム・ソン (KIM Gok / KIM Sun)
製作国:韓国
韓国映画界の"恐るべき子供たち"キム兄弟の最新作。ガスマスクをつけた連続殺人鬼の恐怖に怯えるソウルを舞台に4人の登場人物の行動を追いつつ、韓国の社会問題に鋭く切り込んだ作品。ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で上映。

Rizhao Chongqing『愛が訪れる時』
When Love Comes
監督:チャン・ツォーチ (CHANG Tso chi)
製作国:台湾
『最愛の夏』(99)、『お父さん、元気?』(09)など常に家族の問題をテーマとしてきたチャン・ツォーチの最新作。
台北を舞台に、大家族の複雑な人間関係の中で周囲との軋轢に悩みながら生きる ヒロインを力強く描く。プサン映画祭で上映。
ページTOP▲

〓作品ラインナップ
コンペティション/10作品
特別招待作品/13作品
〓ゴールデン・クラシック1950/14作品
アモス・ギタイ監督特集 越えて行く映画/3作品


第11回 フィルメックスレポート
レポ1西島秀俊とA・ナデリ監督が…
レポ2『ブンミおじさん』お披露目…
レポ3厳選の上映作品が発表に…
レポ4「第11回東京フィルメックス」開幕…


FILMEXトップへ
ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社