ダニエル・デイ=ルイス



才能にもルックスにも恵まれた、稀代の色男グイドを演じるのは2度のアカデミー賞主演男優賞に輝くダニエル・デイ=ルイス。
硬派なイメージを一新し、たくさんの女たちを魅了する罪な男を軽やかに演じている。
とにかく脚本がとても美しく書かれていたから、グイドの苦悩に関する疑問は抱かなかった。ものを作る人間ならば誰でも才能に陰りが現れる瞬間を感じたことがあるだろうし、ミッドライフ・クライシスは例外なく誰もが味わう恐怖だ(笑)クリエイターはおそらく「自分はこのほかに何を成し遂げられるのだろうか?」という問いを頻繁に自身に問いかけているだろうからね。そうしたグイドのジレンマが最も興味深かった点だ。歌うことに関しては、全権をロブ(・マーシャル監督)の判断に委ねていて、自分では言い訳や泣き言を全てシャットアウトして臨みました。もちろん歌うことは楽しかったし、ロブがずっと「君ならできる、歌えるはず!」と励まし続け、いつの間にか盲目的に彼のペースに乗せられていたようだね。
1957年、イリギス・ロンドン生まれ。1971年に映画デビュー、ロイヤル・シェークスピア・カンパニーなどの舞台で活躍。一時期はイタリアで靴職人の修行のため俳優を休業していたが、復帰後に主演男優賞を獲得。
マリオン・コティヤール
ペネロペ・クルス
ジュディ・デンチ
ファーギー
ケイト・ハドソン
ニコール・キッドマン
ロブ・マーシャル

PAGE TOP
HOME
ぴあ映画生活TOP