1/2/3/4/5/6/7

最近じゃ、一般の人のなかでも「イジられキャラ」とかのキャラ作りが定着してて、それらを演じているうちに「本当の私って?」みたいなことを悩む人がいるらしい。いわゆる、自分探し。俺は、正直言ってその感覚も理解できない。「探すってことは自分がどっか行っちゃったんだ?」って意外な印象を受ける。だから、中田英寿の「自分探し」もよくわからない。ずいぶんと世界各地を旅しているようだけど、まだ見つかんねぇのかよって(苦笑)

ただ、キャラクターはともかく、人間のタイプみたいなものは、たしかにあるとは思う。

俺がよく考えるのは、電車のホームに人が落ちて反射的に助けに飛び降りた人が命を落としてしまうといったニュースがあるじゃない? その手の報道を目にするたびに、果たして俺に同じことができるのかと自問するんだけど、「絶対に無理!」といつも思う。同時に、反射的に線路に飛び降りられる人には、絶対に勝てないとも思う。持って生まれた魂が気高いというか、理屈よりも本能が優先できるというか、そういうタイプの人には勝てねぇなぁって。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社