1/2/3/4/5/6/7

俺からしてみれば「太田死ね」と書かれた言葉からしかそいつのキャラクターを想像する手がかりはないんだけど、よくよく考えたら、そいつ自身が傷つくことを言われたりもするだろうし、要するに、人間として悲しんだり喜んだりしているはずだろって。もし、実際に俺がそいつに会ったとしたら、四六時中「死ね」とむきだしの悪意を抱いているヤツじゃないだろって。むしろ、意外といいヤツなんじゃねぇかとすら想像した。そうやって、ネットに書き込まれた「死ね」という言葉を、自分が感じたほどの大きな憎しみではないと想像できたことで、今じゃ平気になれたけど、その心境になるまでには、けっこう時間がかかったっていうね(苦笑)

もう少しライトな、俺の言葉に対する感覚で言うと、ら抜き言葉はちょっと気になる程度。「食べられる」を「食べれる」とするのが一般的だけど、「食べられる」とすると「食べられちゃう」という意味も含まれるから。だから、喋ってる時はら抜き言葉を使うけど、文章の場合は使わないって感じ。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社