1/2/3/4/5/6/7

そんなんだから、例えばサラリーマンとか、まっとうな仕事に就こうと考えたことが一度もない。10代の頃から芸人や映画監督に憧れがあったし、学校の成績も悪くて「自分はまったく優秀じゃない」という自覚がありすぎるほどにあったから。

でもなぜ、俺は仕事に向いてないんだろ? たぶん、「仕事」と「遊び」を両立できないんじゃないかなぁ。だから、今の爆笑問題の仕事を遊びだと感じているのは、ある意味で高校生の頃の引っ越し屋での行動と変わっていないんだと思う。引っ越し屋では「いい加減にしろ!」と怒られたけど、今のバラエティの現場では笑ってもらえて「いい加減にしろ!」とツッコんでもらえるってだけの違いで。だから、俺の現場は収録が長引いたりもする。俺の感覚として「まだまだ遊び足りない」ってのがあって。まぁ他の芸人は、たまったもんじゃないだろうけどね。「長ぇよ!」って、後輩の芸人からツッコまれたりするし。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社