1/2/3/4/5/6/7

■第28回
「ベタとシュールのはなし」

桑田圭祐は
マニアックなリスナーであり、
王道をいく表現者である

爆笑問題がデビューした頃は「シュールなコントですね」とよく言われたものだった。同時期にコントをやっていたウッチャンナンチャンもシュールと言われていたから「新しい」とかのプラスの意味でそう評されていたんだろうけど、俺は、シュールとくくられるのが、あまり好きじゃなかった。

シュールなネタって「わかんない人は別にわかってくれなくていいですよ」的な語感が俺にはあって、一個上からの目線な気がしたからだ。その語感は今でも変わらなくて、みんなを笑わせたい、ど真ん中を目指している俺としては、シュールという言葉に対してプラスの印象がない。今の若手芸人で言えば、ジャルジャルをシュールとする人も多いんだろうけど、おそらく彼ら自身も、そう評されることを是とはしていないんじゃないかなぁ。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社