1/2/3/4/5/6/7

ベタに関してひとことで言うなら、もうね、「大好き」だ。ベタという語感に対して「古い」とかのマイナスな語感を抱く人もいるだろうけど、俺にはその感覚がまったくない。日常生活の笑いは突然転んだとかのベタな笑いのほうが圧倒的に多いだろうし、爆笑問題をベタだと評されても「そりゃそうだよな」って思う。

ベタという言葉はちょっとズレているような気がするけど、「王道」と言っていいなら、俺がサザンの桑田佳祐さんを尊敬しているのもそういうことだから。俺なんかよりも音楽に詳しい人が「サザンみたいな売れ線の曲なんてプロのミュージシャンなら誰でも作れるから」みたいなことを言うけど、バカじゃねぇかって思うからね。あらゆる世代の男女が「いい曲」と感じる名曲を生み出すことが一番すごいに決まっているし、それがいかに難しいことなのかをまったくわかってねぇなって。

もうひとつ言いたいのは、桑田さんに限らず、どのジャンルの表現者も発信者である前に受信者であるということ。つまり、桑田さんで言えば、ミュージシャンである前に、聴き手として超マニアックな人だからね。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社