1/2/3/4/5/6/7

■第33回
「日本と世界のはなし」

俺が映画を撮る時、
世界を意識するか? しない。
理由はふたつある。

<智恵子は東京に空が無いといふ>

これは、高村光太郎による『智恵子抄』の有名な一節だけど、俺は東京に空がないと思ったことがない。仕事で地方に行っても、東京の空とたいして変わらないなぁといつも感じる。だから、「外国の景色は絶対にすごいよ」と海外旅行をすすめられても「東京の空で充分だから」って。

今回のテーマのひとつである「世界」でイメージしたのは「日本以外のすべての国々」だったけど、じゃあ、世界のどの国に行きたいかと聞かれたとしても「とくにない」っていうね(笑)。旅って、行ってみてから楽しいかどうかが決まる出たとこ勝負みたいな部分があるじゃない?俺は、その手の出たとこ勝負は極力したくないタイプだし、なにより、東京や日本が好きだ

にもかかわらず、俺は「反日だ!」と評されることがある。

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社