1/2/3/4/5/6/7/8

逆に、芸人が書いた小説は、読んでておもしろい。たとえば品川(品川庄司)の『ドロップ』。ひな壇芸人という言葉を定着させた男だけあって、登場人物がみんな魅力的。主人公をいかすためだけの脇役が存在しないし、脇役のキャラのほうが魅力的な場面もある。品川自身がひな壇という、ある種の脇役を経験しているから捨てキャラを作らず、だからこそ読んでいておもしろい。

じゃあ、俺はどうかって考えると、太宰っぽいと思う。男というものがそうなのか、見る者すべてを納得させるための言い訳が多いというか。でも、視聴者からすれば、「そんなことより、おもしろい話を聞かせてくれよ!」って話じゃない? それに比べて、向田邦子の「語らなさ加減」ね。彼女のすごさは、表現者でありながら、言葉を飲み込める点にある。飲み込める天才の書いた文章は、言葉としては綴られなかった行間にグッとくるから。

1/2/3/4/5/6/7/8
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社