1/2/3/4/5/6/7

今の若い人たちは、自分の将来に対して夢を描きにくいとか言うけれど、どうなんだろう。たとえば、俺が思春期の頃、たけしさんの「自分の人生に期待するな。期待しなきゃガッカリもしない」という言葉に影響されていたんだけど、頭では理解したつもりでも自分の中で妄想が膨らんで夢ばっかり描いていた。

その後、この世界に入れたのは、ある意味で夢がかなっていると思うし、でも、「コント番組がやりたい」と夢みてもなかなか実現はできなかったりもする。夢をみる。夢がかなった自分を妄想する。結果、「それほどでもなかったな」とガッカリする。俺の人生なんて、そんなことの繰り返しだから(苦笑)。一方で、たけしさんの言葉に励まされた人もいっぱいいると思う。要はその人のタイプがあるわけで、夢みがちで夢をかなえる奴もいれば叶えられない奴もいるし、夢なんかみないで成功する奴もいれば失敗する奴もいるということ。最後に、2010年の夢というか俺の目標は「チェンジ」ということで(笑)。今年もよろしくお願いします。

1/2/3/4/5/6/7
「ぴあ」2.4号より
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社