1/2/3/4/5/6/7

とはいえ、テレビ業界の不景気で言えば「弁当が出なくなった」とかは体感している。“太田総理”などで、経済や金融の専門家に「景気対策」について聞くことも多いから、不景気の話が遠いわけでもない。

俺は、専門家の話に納得はしても信じていないところがある。もっと言えば、専門家が言うことは話半分で聞いておいたほうがいいとさえ思う。なぜかって言うと、めまぐるしく変わる市場を的確に予測しコントロールすることなんて、「できるわけねぇだろ!」と思うからだ。

たとえば、小泉内閣時代に金融や経済財政政策を担当した竹中さんは、日本で一、二を争う経済学者なわけでしょ? そんなプロ中のプロが担当しても、当時の日本経済が抜本的に回復することはなかった。ということは、専門家がいくら分析して対策を練ろうが、市場っていうのは勝手に動いていくってこと。 

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社