1/2/3/4/5/6/7

あとは、とにかく数字。もうね、暗算なんて意味がわからない。もちろん時間をかけてやればできるんだけど、まったくやる気が起きない。子どもの頃、親に頼んでそろばん塾へ通わせてもらったんだけど、まさに三日坊主だった。その塾では10級から始まって次の回には9級に進むって感じだったのに、俺は10級のままやめているから。柔道の黒帯は強者の証しだけど、俺のそろばん10級は、数字が苦手なことの証明だと思う。

買物に行った時の端数とかも大の苦手だったりする。たとえば、会計が805円で5円の端数がある時に、1005円を払ってお釣りの小銭を減らす方法は覚えたんだけど、5と5じゃないやり方もあるじゃない?仮に806円だったとして1011円を払って205円にするみたいな。今は説明しようとしてしゃべってるからギリギリなんとかなってるけど、本質的には、どういうからくりでそうなってんのかが一切わかんない。わかんないというか、死ぬまで考えたくもない

そんな感じだから、大学生の時に、ダンゴ屋のバイトをした時は大変だった。お釣りのからくりをわかってるヤツらが客として1011円とかを渡してくる。ダンゴ屋は客の回転数をあげなきゃ利益にならないから、ゆっくり考えてる暇はない。その結果、俺の手渡す釣り銭は全部が適当だった。しかも、少なく渡すと文句を言われそうだったから、なるべく多く渡しておいたからね(笑)

1/2/3/4/5/6/7
文:唐澤和也
太田光しごとのはなしトップへ

ぴあ映画生活トップへ
(c)ぴあ株式会社