ぴあ映画生活PRESENTS
ソルト 7月31日(土)全国ロードショー
RESEARCH.1 RESEARCH.2 RESEARCH.3
主人公すら信じられない映画 その魅力とは?
本作のオリジナリティは、ミステリアス過ぎる主人公像にある。ジェイソン・ボーンならば、真実を追求しようとする“正しい"目的意識を持ったキャラクターだったから、観客は共感することができた。しかし本作のヒロイン、イヴリン・ソルトに、それを求めるのは不可能だ。彼女の目的は最後の最後まで謎に包まれているのだから。それゆえ、観客は“共感"ではなく、強い“興味"を持って彼女を見守ることになる。このトリッキーな面白さこそ、『ソルト』の魅力なのだ。
『007/慰めの報酬』にもかかわったスタント・コーディネーター、サイモン・クレーンの参加による、引き締まった迫真のアクションに支えられ、並々ならぬ緊張感をみなぎらせた『ソルト』。イヴリン・ソルトのタフでユニークなキャラクターは、決してジェイソン・ボーンに引けをとらない!

ボーン・アルティメイタム
『ボーン・アルティメイタム』
ジェネオン・ユニバーサル
1,800円
“ジェイソン・ボーン"シリーズの3作目。屋根から屋根へ飛び移るアクションシーンなど、現代アクション映画の最高峰と評価されている。

007/慰めの報酬
『007/慰めの報酬』
20世紀フォックス
3,990円
ダニエル・クレイグ主演の“新生ボンド"シリーズの第2弾。前作で愛する女性を亡くした肉体派ボンドが、復讐を遂げるために突っ走る!

←

ソルト
ぴあ映画生活TOPへ