超日本語吹替版について
はコチラ!
coming soon!
謎解きに集中できるようにと本作で初めて作られた「超日本語吹替版」。字幕・吹替の微妙なズレをなくし、翻訳的な言い回しを避けた“話し言葉”を目指したこの吹替版は、プロの声優だけを起用しているということもあってか、試写会に参加したユーザーからも、「ほとんど字幕で観るけれど、考えたり集中したりするには、自然な吹替えはわかりやすくてすごく良かった」(30代・女性)、「本当に自然で、違和感なく映画に集中できて良かったです」(10代・女性・学生)、「声優の声と演技がすごく良かった。もともとの俳優さんの声質にも合っていてすごく満足」(20代・女性・フリーター)など、好評の声が多く上がっていた。
ページトップへ
ホームへ
ぴあ映画生活トップへ
(C)2009 PIA
Design:+D