試写会参加者にいち早く映画の感想を聞きました。
3月1日、2日に、ぴあ映画生活独占試写会を実施。戸田奈津子さんが初監修した “超日本語吹替版”で上映されました。上映後には、熱心にアンケート用紙にコメントを記入されている方や、感想を話し合っている方など、熱気にあふれた試写会となりました。そこで、参加者みなさんにご協力いただいたアンケートの中からピックアップしてご紹介!
★★★★★
レオナルド・ディカプリオの演技力とスコセッシの奥深い演出で、グングンとストーリーに引き込まれていきました。ラストの二重のどんでん返しも衝撃的で、切ないあと味が残りました。
(30代・女性・会社員)
★★★★☆
いままでに見たことのないレオナルド・ディカプリオが見れたうえ、見ごたえのある映画で、とても良かったです。あと、オチが予想できても楽しめる映画だと思いました。
(30代・男性・会社員)
★★★★☆
ハラハラドキドキしました。いい意味で緊張しました。音楽もドキドキ感をアップさせるような感じで効果的に使われていて良かったです!
(40代・女性・会社員)
★★★★☆
ラストまでハラハラしましたが、映像の美しさや登場人物の苦悩する描写など、見どころがたくさんあり、良かったです。スコセッシ×レオはやっぱり良い!!
(40代・女性・主婦)
★★★☆☆
何が真実で、誰を信じていいのか、本当に最後までよくわからなかった。映像に迫力があり、心の底から怖いと思いました。
(20代・女性・会社員)
ページトップへ
ホームへ
ぴあ映画生活トップへ
(C)2009 PIA
Design:+D