ぴあ映画生活 PRESENTS SP 革命篇 SP 革命篇 作品調書 みどころ&ストーリー 写真1
みどころ - 写真2 井上と尾形の不穏な対立で幕を閉じた『SP 野望篇』はプロローグに過ぎなかった!『SP 革命篇』ではドラマが格段に濃密になり、アクションもよりスピーディーで過激なものに。本物と見間違えるほどリアルに再現された国会議事堂のセット。そこで繰り広げられるテロリストとSPのメンバーとの死闘、尾形が起こす“革命”に目がくぎ付けになる。だが、それだけでは終わらない。最大の見どころは、暴走する尾形と彼に銃を向ける井上との息をのむ対決だ。果たして、井上は尾形を止められるのか? さらに最後の最後に明かされる、誰も予想だにしなかった衝撃の真実。『SP革命篇』はシリーズのすべての謎に決着をつける壮大なクライマックスに向けて突き進む!
▲TOPへ
ストーリー - 写真3 官房長官を狙ったテロ事件から2ヶ月。死闘を繰り広げた警視庁警護課第四係のメンバーたちは、要人警護の通常任務をこなしていた。ただ井上だけは、尾形が抱く思惑の確証が得られないことに、ひとり苦しんでいた…。
一方、与党幹事長・伊達やキャリア官僚らと接触の陰が疑われる尾形の動きを探るべく、公安の田中も調査を進める。そして、ある結論に達するのである。
時を同じくして、井上は不審が募る尾形から国会での警備を任じられる。
井上・尾形ら第四係、政治家の伊達國雄(香川照之)、新・第四係のメンバー、さらには謎のテロリストグループが国会に集結する中、麻田内閣不信任案の採決が行われようとしていた。
そのとき、遂に尾形が行動に打って出る。国会議事堂に銃声が鳴り響く…。
▲TOPへ
SP革命篇TOPへ
人物調査後記TOPへ
ぴあ映画生活TOPへ
(C)PIA (C)2011「SP」プロジェクトチーム